2018年02月13日
アイデアよもやま話 No.3948 世界最速で空を飛べる“パワースーツ”“!

昨年11月10日(金)放送の「ひるおび!」(TBSテレビ)で世界最速で空を飛べる“パワースーツ”について取り上げていたのでご紹介します。

 

イギリスのレディングで水しぶきをたてながら湖の上を飛んでいるのはドローンではなく人です。

小型で強力なガスタービンを6つ装着した特殊なスーツ、その名も“パワースーツ”で飛んでいます。(動画はこちらを参照)

腕や体を動かして飛ぶ方向を自在にコントロールします。

飛行速度も時速50km以上を記録、昨年11月7日には世界最速の“パワースーツ”としてギネス世界記録に認定されました。

 

以上、番組の内容をご紹介してきました。

 

ネット記事(こちらを参照)によると、この“パワースーツ”は重さ45kgで、スーツを着た男性は飛行中にバランスを崩さないよう事前にトレーニングを行って記録に挑んだといいます。

なお、開発費用は約600万円といいます。

 

さて、古来から自由に空を飛ぶことは人類の夢でした。

そして今では、パラグライダーなどでゆったり空を飛んだり、飛行機で世界中を行き来出来るだけでなく、ロケットで宇宙まで飛び出すことも出来るようになっています。

更には近い将来、火星移住計画まで実行に移されようとしています。

 

一方で普段の暮らしの中で自由に空を飛んで空からいろいろな景色を眺めてみたいという願望もあります。

そうした中、今回ご紹介した“パワースーツ”もこうした願望を実現出来る一つの手段だと思います。

しかし、重さが45kgではまだまだ一般の人が操作するのは困難ですし、安全面でも課題がありそうです。

それでも、世界中の多くの人たちは自由に空を飛んでみたいという願望を捨てきれません。

ですから、誰でもがこうした願望を叶えられるような“パワースーツ”の開発を進めていただきたいと思います。

私も実用化されたら、是非一度でも“パワースーツ”で自在に空を飛んでみたいと思っています。


 
TrackBackURL : ボットからトラックバックURLを保護しています